2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇国の守護者

ようやく9巻まで読む。

ほぼ予想通りの行動をとる佐脇俊兼少佐。
けっこう悲惨な目にあっているなぁ。実をいうと好みの狂い方。
新城個人に対してもっとも効果的な反撃を加えている。
執事の瀬川が巻き添えくっているのが勿体ないな。

そういえば、一巻の冒頭での書状は駒城礼子が書いた物なんだなぁ。
いつ出てくるかと思ったら、義兄と義姉の娘か。
スポンサーサイト

コメント

コミック版が北嶺撤退戦のクライマックス、
まさに最高潮って仕上がりで非常に素晴らしいわな。

何時実現するかわからんが、
守原定康が副官に掘られてるシーンが描かれる事を心待ちにしておるよ。
(カミィンスキー×帝弟をキッチリ描いてくれた伊藤女史ならやってくれる筈だ)

帝弟×カミンスキィな。
なんか攻めが先らしいぞ。表現的に。

定康さんもよく分からん人物だったな。

最初、幼い頃とか調教が済むまではそっちで遊んでたと思うが、
最終的に帝弟は受けに回ってたと思うんだよね。
(って、俺は腐女子か!)

定康は殺されずにもう一仕事ありそうな感じだったから、
10巻以降があるなら・・・何かやるんぢゃね?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suibikan.blog22.fc2.com/tb.php/60-dd3811ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«次頁へ  | HOME |  前頁へ»

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。