FC2ブログ

2019-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女リリカルなのはA's

前作もそうだったけど、このアニメには悪人は出てこないのな。
結果的に誰かを不幸にしてしまうことはあっても、
別にそれは故意にしたわけでも目的でもないのね。

今作の守護騎士ヴォルケンリッターのキャラクターが秀逸。
主の八神はやてへの想いと救うための覚悟が。
第5話「それは小さな願いなの (前編)」での鉄槌の騎士ヴィータが砂漠で
痛みを堪えて心情を吐露するところなんて泣けてくる。

正直、4騎士が闇の書に喰われて以降は、思い入れが強かった分
ちょっとテンション下がった。

レイジングハート、バルディッシュをはじめとしたデバイスの面々もいい。
特にレイジングハートとバルディッシュがヴォルケンリッターとの初戦後、
自分からベルカ式のカートリッジシステムの組み込みを要求するところもいいし、
こいつらの場合、台詞が少ない分グッとくること言っている。

ラストバトルのノリが完全に男の子向けの展開と盛り上がり。
必殺技の連発ってやっぱり燃えるなぁ。
敵役にまともな攻撃もさせないってのもどうかと思うが。

ラストで5年近く経っているのはもう続編はないって事かなぁ。
サウンドステージで我慢するか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suibikan.blog22.fc2.com/tb.php/34-aa7927d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«次頁へ  | HOME |  前頁へ»

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。