FC2ブログ

2019-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鼎記

年末に近くの図書館で6巻まで借りてきて読む。

年代が清代でちょいと好きな年代ではないというのと
主人公の韋小宝が軽佻浮薄で武術はまったくダメって言うので
正直敬遠していた。

実際、最初は「……イマイチかも」と思ったんだけど、
あっという間に面白くなってきた。

登場人物ヒロイン評価6巻時点の順位



建寧公主>
「お前が血まみれになっているのをみると、ゾクゾクする」
っていう相手にとっては命に関る台詞を吐いたかと思えば、
「もっと強くぶって」だの、「顔はダメだけどそれ以外ならいい」だの
建寧公主のSMどっちもオッケーにはドキドキした。

小宝はうまいこと御せていたけど、
ポカポカ叩いたり、甘噛みぐらいならともかく、
鞭でぶっ叩いたり、ナイフで切りつけたり刺したり、
髪に火をつけたりってなると、
正直もう逃げる以外の選択肢はないと思うけどなぁ。

フラグが立ってすでに関係を持っているので、
これからエピソードはあんまりないかも。

双児>
小宝にはもったいないぐらいいい娘だ。
なんで小宝相手にここまで尽くすんだろうか?
最初から好感度100%で全然揺らいでいない。
個人的にはここまで尽くされるとなにか裏があるんじゃないかと
建寧公主とは別の意味でドキドキしてしまう。

沐剣屏>
世間知らずの雲南の沐王府の郡主。
なんだかんだと口のうまい小宝に丸め込まれている感じが。

阿珂>
よめさんにすると宣言している中では一番の美少女。
6巻終了時点では完全に嫌悪とか憎悪をもっている。
ここからどう転ぶか。ここからデレに転ぶとかなり好み。
現在の想い人の鄭克爽(鄭家の二公子)は二枚目だけど、
意外とヘタレで性根も良くないから愛想尽かしか、
小宝にはめられて落ちぶれるんじゃないかなぁ。

方怡>
元恋人の兄弟子の劉某(もう名前も覚えてねぇや)が
最初に捕まった時に方怡会いたさに本名を言ってしまったのは
江湖の人間としては見下げた行為だけど、まだ分からないでもない。
が、小宝相手に劉師兄の救命と引き換えに
小宝に一生付いていくという誓いを立てていたために
それ以降師妹につれなくされて、徐々に底の浅さが露呈していく。

神龍教に捕まって毒を盛られて、現時点で二回も小宝をはめているが、
これからどうなるか。

白龍使という幹部になっていたけど、
神龍教とはすでに敵対関係になっている小宝としては
正直もう関りたくなんだろうけど、方怡と蘇全が居る以上
まだ接触があるんだろうなぁ。

曾柔>
出番は今のところ少ないので、なんとも。
兄弟弟子ともども、一門の体面を守りつつ
命を助けているのでフラグは立っている。

蘇全>
神龍教の洪教主の妻。
人妻なので、個人的にはストライクゾーンからは外れるんだけど、
調べてみるとヒロインの一人らしい。
どう旦那を排除するんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://suibikan.blog22.fc2.com/tb.php/129-15f71393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«次頁へ  | HOME |  前頁へ»

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。