fc2ブログ

2024-02

素晴ラシキ哉、人生

先月、ヘタリアでの小野坂さんのキャラの
キャラソンがオリコンデイリーで2位とか
ウィークリーで10位とか取ってのを思い出したので、
HDDを漁って小野坂・伊福部・鷲崎のコントを見直す。

小野坂さん、声に張りがあるからか、
身長はもっと高いイメージがあるんだけど、
中肉中背なんやね。

何度見ても紙切り芸は……。

あー鷲崎さんが若いわ。
……違和感あるのは若いからじゃなくて眼鏡かけてないからだ。

一夢庵風流記での一節

先日の角田さんの唄つながりで
本棚から隆慶一郎の著作を読み直す。

『かぶいて候』
『影武者徳川家康』
『捨て童子松平忠輝』
ときて前田慶次郎が主人公の『一夢庵風流記』へ。
今更内容について語ることもないわけだけれども……。

利休追放のくだりで、茶道門下で最後まで見送ったのが
古田織部と細川忠興の二人だけだったってのがあって……。

分かってる、まったく別の作品と混同するのが
ナンセンスだってのは分かってはいるんだが、
どうしても山田芳裕の『へうげもの』での古田織部が
頭に思い浮かんでしまって笑ってしまう。

こえでおしごと! ドラマCD

コミックガム連載。紺野あずれさん原作。
女子高生にエロゲー声優をやらせるという漫画のドラマCD化。
なんかやっちゃった感満載。

原作の第1話から第3話までをほぼ忠実に再現。
第2話での弥生姐さんとエンジニアの舟木さんとの
やり取りが割りと好きなんでちょっとうれしい。

MP3プレイヤーに入れておいたんだが、
ちょうど会社の昼休みに始まる。
変な笑いが止まらないので顔を伏せて聞く羽目に。

本当にもう紺野さんは頭がおかしいなぁ(いい意味で)

角田信朗ってやっぱり唄上手ぇな。


パチンコなんてやらないんだけど、
別のとこで『よっしゃあ漢唄』を聞く機会があったんで。

あの間奏の長さなら幸若の台詞、
全部言えたんじゃないかなぁ。

此の鹿毛と申すは
あかいちょっかい革袴
茨がくれの鉄冑
鶏のとっさか立烏帽子
前田慶次が馬にて候


ニコ動でPVも見る。
……羽織が似合ってやんの。角田さん。

デミタスカップ

イルサを使って淹れたエスプレッソ用に
探していたデミタスカップ。
ロゴマークがない白の無地が好みなので、
そんな感じの奴。

この間新宿に出かけたときに
ちょうど良いのがあったので、購入。

というわけど、よく飲む対象が
紅茶から珈琲に切り替わる。
定期的に変わるんだよなぁ。

そういえば夏の間はイルサ使わなかった。

«次頁へ  | HOME |  前頁へ»

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク